MUSIC & BOOKS / 音楽と本

MILK 『BRICKS』


MILK 『BRICKS』
今日発売!
MILKかけて営業します🔥

A-Z Recordsが発売記念に24時間営業していて
なんだか勝手にそわそわワクワクしてます。

『このバンドの音源をリリースする時にレーベルを始めるんだ。』
今日がその日
準備は、長く大変だっただろうけど
今日がその日だと思うと胸が熱くなります。

Band: MILK
Title: BRICKS
Number: A-Z 001
Format: 7inch
Song: 6songs
Date: 10月3日土曜
Price:1000円税込み

🍋レモンカスタード5つセット限定で販売します🍋(10/3限定)

ミツザワ通信増刊号

水色レコードにも届きました!

円盤店主 田口さんはこの春から拠点を長野県伊那市に移されました。それに伴い屋号も「円盤」から「黒猫」へ
(詳しくは本誌を見てください)
そんなわけで、機関紙「ミツザワ通信」はおそらくこれがラスト号。世の混乱の最中に生み落とされた気迫の大ボリューム号。

プレスCD二枚にポストカード、リソグラフ印刷によるZINEや読みものなどか、サイズも形もばらばらに、これまで以上の特盛感でぶち込まれています。感じ方も楽しみ方も手に取った人それぞれ。

店も閉めてるので今回はほんの少しだけの入荷です。
円盤や各地の取扱い店のオンラインショップでも買えますが、伊勢市内の方なら配達しますし、近日中に店に立ち寄れる方は取り置きも可能です。
税込3,300円です。

参加者は以下の通り。

碧衣スイミング(音)、粟生こずえ(文)、Aki Tsuyuko(音)、ASUNA(音)、アニュウリズム(漫画)、飯田華子(漫画)、犬風(音)、入船亭扇里(落語CD)、黄倉未来(音)、大城真(マスタリング)、大谷氏(音)、大橋裕之(漫画)、小川さくら(音)、小田晶房(文、印刷)、鹿子裕文(文)、北村早樹子(文)、倉地久美夫(音、詩)、ケバブジョンソン(音)、ささやん(漫画)、佐藤幸雄(音、文)、島田潤一郎<夏葉社>(文)、jackmasterfurusato(音)、鈴木啓之(文)、zou(音)、台湾料理ごとう(文)、駄菓子屋よしぎの(絵、文)、タガヤス堂(文)、田口史人(企画、文)、タナカ(漫画)、珍庫唱片(文)、テニスコーツ(音)、はねぽん&ホジグリマン(音)、ハロー(企画内企画)、深浦亜希(表紙画)、福田教雄<sweet dreams press>(文)、ボギー(文)、穂高亜希子(写真)mmm(音)、見汐麻衣(文)、ミズタニ(文)、溝口徹<横川シネマ>(文)、三村京子(絵)、村岡充(音、デザイン)、村上巨樹(文)、持田明美(文)、安田謙一(文)、山ちゃん(音)、湯浅学(俳句)、ヨシノモモコ(文)

ina(MILK)『牛乳配達DIARY』入荷

名古屋のハードコアバンドMILKのina氏によるお馴染み宅配まんが。
トーチ漫画賞 の大賞を受賞し、単行本となり発売。

牛乳配達を卒業したので思い出につくったという本作。
主人公の牛乳配達員と配達先で出会った人々との人情劇。
ストーリーから滲み出るほのぼの感と温かさ、絶妙なユーモア感がたまりません。

ONLINE SHOP ▶▶▶

野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る

自主制作出版物のオンラインショップ「Lilmag」の店主でもあり、早くからZINEという表現活動を応援してきた野中モモさんの新著。
ZINEカルチャーの魅力が詰まった一冊。
ZINE、なんとなく興味はあるけどよく知らないという人は案外多いと思います。
そういう方にこそ(もちろんZINEジャンキーな方にも)、ぜひ手に取ってもらいたい。
新たな愉しみの扉が開くはず。

以下、出版社元インフォより

ZINEは楽しい。楽しいと感じたら、すぐに作れる。
「読む人」はいつだって「作る人」だ。
この本では、自らZINEを作り、探し、紹介してきた著者が、自身の経験を語り、同じくZINEのとりこになった人たちの声を伝えることで、色鮮やかなZINEの世界を案内します。
何かを作りたいと思ったら、あなたはいつでもメディアになれる――
ZINEをとりまく環境から、軽やかに生きる術を考える、楽しいおしゃべりの一冊です。

ONLINE SHOP▶︎▶︎▶︎

Marker Starling 新作!

マーカー・スターリングの新作「High January + Trust An Amateur」入荷してます。日本盤はそれぞれの味わいを持つ2枚のアルバムがセットになった大充実盤。めっちゃ良い。

ONLINE SHOP▶︎▶︎▶︎

堀嵜菜那「壺」入荷。


昨年、自身の自主レーベルから出た愛知県のSSW初作品。
水色レコードでも取り扱いはじめました。
絶妙な抜き加減が生み出す独特の旋律。シカゴ・アヴァン/ポストロックと日本のフォークが融合したような不思議な音世界が絶品。個人的に、小川さくらと双璧をなす要注目女性フォークシンガー。
未聴の方はぜひ。アートワークも素晴らしい。

ONLINE SHOP ▶︎▶︎▶︎